幸せファミリア

相続税の対象者が急増する理由

平成27年1月1日から相続税の税制改正により相続税の対象者の大幅増加が見込まれています。

 

日本のおける相続税の対象者はバブル経済時には7%を超えていました。これはバブル経済時の土地の高騰による相続される土地の評価額が高額であったことに原因があったのですが、バブル経済の崩壊後は徐々に相続税の対象者は減少していき、近年は4%台で推移していました。

 

相続税の税制改正によって、大幅に基礎控除が減額されますのでこのことだけでも相続税の対象者が増えることが考えられますが、もう一つは大都市圏で土地の価格が上昇傾向にあることも相続税の対象者が増える可能性を示唆しています。

 

特に都市圏において330平米以上の居住用の土地を相続する可能性のある人は相続税の対象になるのかどうかを早めに計算しておく必要があります。

330平米以下の居住用の土地であれば、小規模宅地等の特例を活用することができるので、土地の評価額が80%まで減額になりますので、相続税の対象とはなりにくいのですが、330平米以上ですと特例を活用することができません。
大都市で330平米以上の土地を相続すれば相続税の対象になる可能性は高いのです。
どうしても相続税が払えない場合、相続放棄を検討するケースも増えています。

 

参考:相続放棄について

生命保険を利用した相続税対策

生命保険と言うと、「いざ、自分が病気をしたときの為のもの」「万が一、自分に不幸があった時に少しでも、残しておきたい」といった利用の仕方しかないように思えますが、実際、そんな、生命保険を利用して、相続税対策を行う事が可能になっています。

 

それが、生命保険の非課税枠を利用した、相続税対策です。この場合、難しい知識など不要なため、誰でも、比較的簡単に行う事ができる為、「少しは、相続税対策をしておきたい」と思う人には、特にお勧めです。

 

計算方法としては、「500万円×法定相続人の数」までが非課税となる為、例えば、法定相続人が5人いた場合、2500万円までなら、非課税で残す事ができるのです。現金で、これ程の額のお金を残すと、課税対象になる事を考えると、是非、利用しておきたい方法かと思います。

 

また、これならば、法律の専門家などにお金を払って相談しなくても、日頃、お世話になっている生命保険の外交員に相談すれば、可能です。なので、1円も経費をかけることなく、相続税対策を行う事ができるのです。

 

生命保険の場合、死後、現金で受け取る事が可能な相続になってきます。その為、土地などの不動産よりも、相続人に喜ばれる遺産とも言え、最近では、そんな、生命保険を相続の一部と考え、加入する人も多くなってきているようです。

 

その上で、入院費などにも備える事ができると思えば、こんなに便利で助かる相続税対策は、他にないと言えるかもしれません。

職場で初めての部下を迎える

私が27歳の時に勤務していた自動車部品メーカー系の販売会社で私は初めての部下を迎えたのです。
当時は職場の上司、会社の役員にも良い評価をされていた時期です。
私の社会人生活で一番楽しかった時期でもあります。
私は入社して一年目でしたが、前任者が他部署に移動したことにより、三か月で担当部署の商品管理責任者に就任しました。
迎えた部下は高卒一人、専門学校一人の二人です。
プライベートでも勤務が終わった後、食事に出掛けたり、体を動かすために、まめにボーリングに出掛けたりもしたのです。
私がおごったりもしたので出費も多かったですが、私を信頼して一緒に働く部下の事を考えると当然のことと思っていました。
当時は職場、会社の私の評価も常に右型上がりでボーナス、昇給を迎えるのが楽しい時期でした。


ホーム RSS購読 サイトマップ